前身脱毛 素肌美人 視線

MENU

回数を決めてやる?それとも習い事感覚でやる?

昔に比べれば、全身脱毛にかかる費用は安くなった…といわれていますが、それでも決して生半可な金額ではありません。確かに70万とか100万かかっていた費用が、20万や30万ぐらいできるようになったのは安いといえますが、その金額でさえそう簡単に出すことはできないのです。誰だって少しは悩みます。

 

そんな全身脱毛における費用の支払い方法には昔からお馴染みの回数制のプランの他、最近では月額制といった、まるで習い事のような感覚で支払いができる方法まで用意されているのです。

 

回数制とはどんな支払い方法なのかというと、最初に何回で契約するか決めて施術をおこないます。回数が多ければ多いほど、1回あたりの施術料金は安くなりお得となります。もし、最初に契約した回数では終わらなかった場合は、追加で購入することも可能。この追加分については、特別価格で安く設定しているところが多く見られます。

 

そして月額制とは、1ヵ月に通える回数が決まっており、毎月決まった金額での支払いをします。大体1ヵ月に通える回数は2回ほどとなっており、まさに習い事のような感覚で通える脱毛です。回数が決まっていないので、自分が満足したらそこで終了させることも可能です。まとまったお金を払うのがキツイ、もしもの時には気軽にやめたい…といった人に向いています

 

どちらを選ぶかは、それぞれに特徴があるので一概にはいえませんが、自分の希望により近い方を選ぶようにするのが一番。両方のプランを用意しているサロンは少ないですから、カウンセリングを受けながら、じっくりと考えるようにするといいです。


月額制は、解約の煩わしさがない!

近年、気軽にできるとして注目をあつめている月額制。
毎月、決まった金額での支払いをしつつ、
辞めたいと思ったら面倒な解約手続きをすることなく辞める事ができます。
全身脱毛は1〜2年は通う事になりますし、お金の方も決して安くはありません。続けられるかどうか心配な人は、この月額制での脱毛にすると、気持ち的にも楽にできるのではないでしょうか。

 

ただ、一つ注意したいのが、月額制と似たようなものに月賦制というのがあります。似ているのでついつい勘違いしてしまうこともありますが、これはまったく支払い内容が違いますので、くれぐれも注意するようにしましょう。月賦制では、全体をまとめて契約指定支払いのみ月額で…となるので、それを解約するとなるとちょっと面倒な手続きが必要となります。契約前にしっかりと確認するようにしましょう。

 

また、つい勢いに乗って契約したものの、家に帰って冷静になったら後悔してしまった…なんて場合は、クーリングオフという制度を利用してすぐに解約するようにしましょう。書面で契約して8日以内であれば、クーリングオフができるのです。このクーリングオフの実行に関して、サロン側はその解約を拒否することはできません。解約手数料などもかからずに、契約を無効にすることができるのです。その手続きは書面で行う必要がありますので、正式な書面を作成し、控えをしっかりと取ってから送るようにしましょう。